REIWAに「弥栄!」

    平成の30年間、サラリーマンとして仕事に生きてきました。 REIWAに入って生き様を見直しながら日々、雑感したことを書き連ねます。

松本を堪能する 〜戦国と江戸を駆け抜けた松本城〜

ちょっと用事があって長野県松本に行ってきました。 松本駅から徒歩で15分ほどのところにある松本城。 平日の夕方だったこともあり、観光客が少なくゆっくりと見ることができましたが、天守閣の上まで登るのはなかなか大変でした。 外人の老夫婦が「ヒイヒ…

古事記の絵本 〜やまとことば神話(3)〜

やまとことば神話の3回目です。 前回は「宇宙の形ができてくる」ところまででしたね。 そして地球の形を作ったのが・・・ クニノトコタチ となります。 当時の地球は真っ赤に燃えるような球だったのでしょうが、そこに宇宙線が当たることで徐々に水蒸気が雲…

古事記の絵本 〜やまとことば神話(2)〜

ご無沙汰しております。 古事記ストーリーの続きです。 アマノミナカヌシ、タカミムスヒノカミ、カミムスヒノカミが身を隠した後の話です。 宇宙はできたばかりで水に浮いた脂のようで漂っていたようですが、そこからどんどん成長しいくわけですが・・・ そ…

古事記の絵本 〜「やまとことば神話」(1)〜

古事記というと実は子供の頃から読もうとして挫折していた本でした。 当時、読んで記憶に残ったのは「イザナギとイザナミによる国産み」や「因幡の白兎」あたりの話のみでした。 5年ほど前から「神話を失った国は滅びる」といった危機感から再び書物を買って…

とうとうワクチンパスポート??

2月に入って早々のことでございます。 私の住んでいる最寄りの駅に知り合いの方が来られましたので、「軽く食事をとりながら飲みましょう。」ということで、近くのチェーン店へ・・・ 一件目に入って、「ビールお願いします」というと・・・ 店員:「あの〜…

東国三社巡り(4) 香取神宮  〜よく見ると不思議がいっぱい〜

すいません。 だいぶ間が空いてしましました。 今日は香取神宮です。 出雲の国譲りの神話では、香取の御祭神 経津主大神(ふつぬしのおおかみ)は、出雲の国譲りの神話に出てくる神様です。 ・・・ はるか昔、高天原を治めていた天照大神は、葦原中国は自分…

東国三社巡り(3) 〜鹿島神宮〜 参拝するなら奥まで行こう!

鹿島神宮の由緒には、 神代の昔、天照大神の命を受けた武甕槌(たけみかづち)大神は香取の経津主(ふつぬし)大神と共に出雲国へ向かわれ、国譲りを成就し皇孫の国たるべき日本の建国に挺身された。とりわけ東国における神功は大きく、関東開拓の礎は遠く大…

東国三社巡り(1)元息栖神社と息栖神社

東国三社巡りですが、先ずは息栖神社です。 ここは元々は別の場所にあったところから移転されたとのことで、先ずは息栖神社跡へ。 すでに神社は取り壊されていて石碑が立っている横に息栖神社跡の説明書があるだけです。 元息栖神社跡 (息栖神社跡) 元息栖…

東国三社巡り(2)於岐都説(おきつせ)神社

前回の息栖神社の趣意書にありましたが、息栖神社に関係の深い於岐都説(おきつせ)神社にも行きました。 於岐都説神社 この於岐都説神社の本殿ですが、息栖神社に元々あった御神体が、天の鳥船を主祭神として祀る際に放り出されたものを、そのまま移動して…

洲崎神社と洲宮神社 〜合わせて南房総の安寧を祈る神社〜

今回は洲崎・洲宮神社のセットでアップしたいと思います。 まず、洲崎神社。 洲崎神社は、東京湾の出入口を見下ろす場所であることから、古来、漁師にとっての漁業神、船乗りにとっての航海神でした。 祭神は天比理乃咩命(あめのひりのめのみこと)といい、…

安房神社  〜阿波忌部の足跡を見る〜

今日は房総半島南端にある安房神社です。 由緒書には、 天太玉命を主祭神に天比理咩命を配祀として奉斎し、摂社下の宮には天富命を祀る。 本社の祭神天太玉命は中臣祖神天児屋根命と相並んで天照皇太大神の側近に奉仕し祭祀を司どられた重要な神に座します。…

布良崎(めらさき)神社  〜本当の神輿を発見〜

御由緒には、 主祭神に天富命(あまのとみのみこと)を祀り、後に素戔嗚尊・金山彦を合祀し、安房神社の前殿(下社)となる。 御祭神天富命は、5世紀、神武天皇の勅命を奉じて沃土を東方に求むべく天太玉命の御霊と四国の忌部氏を率いて紀伊半島・伊豆半島…

下立松原神社と源頼朝

久しぶりの神社巡りです。 今回は、千葉県房総あたりの神社を回りました。 まずは下立松原神社。 今回気づいたのですが、千葉の房総のあたりは切り立った岩が多くて、山々の木々も岩の上に張り付いているように見えます。 下立松原神社の入り口ですが、写真…

泰平の眠りを覚ます上喜撰・・・・いや参政党!

ご無沙汰しておりました・・・ ネタのない男はどうしても詰めてブログを更新する時と間隔が空いてしまう時があるようです。 お許しください・・・ 今日は真面目に政治の話。 news.yahoo.co.jp この記事には、 《ガースー戻ってこい》 《岸田のポンコツ具合が…

のんべえおやじCDデビューする!

とうとう私もCDデビューしましたよ! とはいっても音感があるわけではなく(小学校の頃にヤマハ音楽教室に行っていたぐらいで・・・)どちらかというとカラオケで音感を鍛えた時間の方が長かったでしょうか・・・ とはいえ、最近はカラオケはめっきりご無沙…

寺野東遺跡  〜おやま縄文まつりの広場〜

今日は、縄文時代の集落のお話です。 栃木県小山市の小山駅から水戸線で2駅行ったところに「結城」という駅があります。 この駅から歩いて30分ほどの場所にあるのが寺野東遺跡です。 この辺りで、1990年代に工業団地造成に伴う発掘調査が行われましたが調査…

北陸酒物語 〜石川門と一ノ谷でつながる日本酒たちは永遠のヒーロー〜

最近、北陸神社シリーズを載せてきましたが、やはり現地の地酒を味わうことが私の人生における使命! 今日の見出しは長いですが、その理由は以下の通り、じっくり読んでみてください。 ということで、最近のんだ北陸のお酒・・・ まず最初は「御所泉」、蔵元…

泉涌寺 〜みてら訪問〜

今までは北陸神社シリーズでしたが、今回は京都です。 泉涌寺 (せんにゅうじ)は、京都市東山区泉涌寺山内町にある真言宗泉涌寺派の総本山の寺院。山号は東山(とうざん)または泉山(せんざん)。皇室の菩提寺(皇室香華院)として御寺(みてら)と呼ばれ…

御陣乗太鼓とキリコ 〜能登半島の先端へ!〜

今回は北陸シリーズの最後になりますが、神社の紹介ではなく御陣乗太です。 御陣乗太鼓の由来は、以下のエピソードから始まっているようです。 ・・・・ 天正4年(西暦1576年)、越後の上杉謙信は、能登の名城であった七尾城を攻略して「霜は軍営に満ちて …

安宅住吉神社 〜勧進帳〜

安宅(あたか)住吉神社、御祭神はもちろん住吉三神です。 この神社にゆかりの物語は、源義経と武蔵坊弁慶主従の「勧進帳」。 奥州平泉へと逃れ行く義経と弁慶一行と、道中で捕らえようと「安宅の関」で待ち受ける関守・富樫左衛門との間で繰り広げられる物…

氣多大社 〜幸娘に会いに行こう!〜

今日は、能登國一之宮 氣多大社です。 気多大社 由緒によると 当大社の御祭神は、大国主神(又の名を大巳貴命)と申し、能登の地を開いた大神と仰がれています。創立年代は第10代崇神天皇の御代と伝えられ、延喜の制では名神大社に列しています。 この神社の…

天日陰比咩神社

今日は、出須流岐比古神社(イズルギヒコ)の下宮といわれていた天日陰比咩神社の話です。 天日陰比咩神社 由緒には、 祭神 矢船久久能智命(ヤフネククノチノミコト) 草木や建造物の守護神 大己貴命 応神天皇 当社は人皇10代崇神天皇の御宇御鎮座の官幣…

伊須留岐比古神社

伊須留岐比古神社 この神社は、七尾市南方にそびえる石動山(せきどうさん、いするぎやま、標高565m)山頂付近に鎮座しております。石動山縁起によれば、星が流れ落ちて三石となり、その一つ、「動字石」がこの山に落ちて以来、石動山と称するようになったと…

石浦神社  〜なぜか隣に三輪神社〜

石川県にある石浦神社です。 こんな形で神社の石柱が2本並んでいるのは珍しいですね。 石浦神社と三輪神社 由緒書を見ると、越後国加賀郡に住む三輪の氏子が奈良時代に、居住地に社祠を建て、大和国大神(オオミワ)神社の神霊である大物主大神を勧請し、「…

菅生石部神社   斎藤さんの始まり神社

今日は1400年の歴史を誇る加賀国二ノ宮の菅生石部神社です。 社伝によれば、用命天皇元年(585年)、この地で疾病が流行したとき、宮中で祀られていた菅生石部神が勧請されたのに始まるといわれており、「斎藤」姓発祥の地であり、氏神として知られています…

若狭一ノ宮 若狭彦(上宮)・若狭姫(下宮)神社  

今日は若狭一ノ宮のお話です。 場所は小浜市で一時、オバマ米大統領を呼ぼうということで盛り上がっていたことがあったように記憶しています。 確かに小浜のホテルには、お土産にオバマ饅頭がありました。(買わなかったけど) 話を戻して、小浜市の遠敷とい…

加賀山代 服部神社

神社史によると、・・・・・・ 和銅年間(708~714)に筑紫国宗像大神(つくしのくに むなかたの おおかみ)(現在の福岡県の宗像神社)の工女が山代へ来て、機織や裁縫の技術を伝え、機織の神の天羽鎚雄神(あめのはづちをのかみ)を祀(まつ)るとある。元…

那谷寺(なたでら)  

養老元年(717)泰澄によって白山が禅定され、那谷寺も開創されました。巨大で幽玄な岩が多く残る土地にお堂を建立し、本尊・十一面千手観世音菩薩を安置したため、当時の名は「岩谷寺」と呼ばれていました。 後に花山皇王が御幸された際、洞窟内の本尊を…

永平寺  ゴジラ発見!

今日は曹洞宗第一道場の永平寺です。 ここは、平泉寺が栄えていた頃、政治の中心としての役割があったそうです。 つまり、 平泉寺は都の中心としてたくさんの人々が生活する拠点として繁栄していて、永平寺は政治の中心として別々に機能していたいたようです…

平泉寺白山神社(2)  馬場とは?

今回立ち寄った博物館で「白山平泉寺」(吉川弘文館)という本を手に入れましたが、その内容を一部抜粋します。 福井、石川、岐阜の3県にまたがる秀麗な白山は、一年の大半が深い雪に覆われます。麓から仰ぎ見ることができる純白の山容からは、人々を簡単に…